« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月23日 (火)

スプラッシュ定例会。

来る「24時間サバイバルゲームinスプラッシュ」の最終調整に入った、音無とたき。今回はメンバーの二名に加え、体験希望のハギーさんと西葉君(両者とも仮名です)を迎えた。

調整っていっても、普通に定例会に行っただけだけど。w  調整と言えば、無線運用の再確認と、自分は対24時間戦に用意したTAC-TのMAVベストの試着。

定例会の参加人数は81名。いよいよシーズン突入!または、24時間戦を意識しているのか・・・?

Dscf0012_7 今回は黄色チームでエントリー。 

今日は玄人揃い。

 

体験のお二人には持ち出しの装備を貸し出し、先ずは交戦規定を伝授w

セフティゾーンの銃器の取り扱い、指先から、銃口の向きなどなど。細かいことを言うようだったけど、安全面を徹底したい以上は当然なのです。ご了承をば・・・。

Dscf0018

 

今回参加のお二人。かなりはまっていた様子w

 

 

二人とも飲み込みが良く、安全面は勿論、現場でのスタンスまでもこなして来ていた。実際、初陣にもかかわらず、NoGetにはならなかった。特に、Hitをとった時の快感が忘れられず、ハギーさんに至っては、M14をその日のうちに購入。メキメキと色んな方向の力をつけた!w

Dscf0008_6 

「暑ーい。」 

 

当日の気温は26℃。真夏日でした。

袖を捲くっていた音無、たき。両名は日焼け確定・・・。w

さて、少し24時間戦について触れておきましょう。先ず、水は飲料、食事を含め大量に必要でしょう。一人あたま2㍑のペットボトルでは足りない。二本以上は用意しましょう。

晴天雨天の両方を考えても、本部前のチーム待機所のはタープを張った方が良いかも知れません。直射日光は体力を奪うし、雨も同じで、尚且つ体は勿論、備品も濡れる。健康状態の維持にも敷設したほうが吉以上かも?w

食事に関しては、腐りにくいもの。この季節は生ものの足は早いでしょうし、保存は外です。レトルト物や缶詰などお勧め。量は、一日目の夕食、夜食。二日目の朝食、昼食の計四食は最低限必要としたほうが良いでしょう。 

戦闘については、一人で行動しない。と言うのが個人的な意見です。必ず同じチームないし連合軍で行動すること。これは後退時の火力保持と、夜間などの捕虜発生を防ぐ意味合いがあります。なんせ24時間もゲームですから、疲れ切った後半では仲間のカバーが必要でしょう。

Dscf0009_3  

西側エリア。 

 

私は初めてかな?西側フィールド。写真は「2ポイント」付近。東側エリアではアルファベット表記でポイントを示してますね。

ここはブッシュが濃く、もはや自然がもたらすCQBフィールド的な感じでした。ただ、弾が抜けそうなブッシュもあるので注意!

Dscf0011_1  

エスコートと危険は音無にお任せ。めいびフィールドエクスプレス。ご乗車はお早めにw 

 Dscf0013

ヒット~・・・。

 

 

人数が多い上に、ベテラン揃いの今回は、フラッグ終了が少なく、時間切れが多かった。フィールドや同じカラーチームの雰囲気。つまり、場の流れを掴むのが勝敗を分けた。かな?

Dscf0014

 

体験の西葉君。 

   

 Dscf0015  

同じく、ハギーさん。 

 

体験のお二人、なんとめいびチームに入隊してくださるそうで。大変有難いです!

西葉君は学生さんなので、皆さん温かい支援を!!

Dscf0017

       

 

 

以上、スプラッシュ定例会超個人的対イベントゲーム前哨戦インプでした。

byたき。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

silent hill

5月14日霧に包まれた某フィールド。

今回は「ないすかも」との共同戦線。久しぶりに「めいびーかも」結成!

2006年のワイルドダック(何回目だろう?)と言った所だろうか?

場所と天候悪化の為か、本来は大所帯のないすかもの面々は、ますた。衛生兵さん、所長と、新人のお二方。

ウチのチームからは、音無、KAIEN、トニヲ、たき。の四名で、合計九人。小隊として十分に成り立つ。ベテランも多い。

Dscf0004_2  

 今回のメンバー 

 

さて、フィールドの概要はすっかり忘れていた為、最初の一発目はウォームアップ兼フィールド下見。濃霧の中のゲームは滅多に無い光景。ヒストリカルゲーマーも集まるこのゲームでは、かなりオイシイシチュエーションゲームとなった。

今回の参加は150名から200名弱?かな?赤・黄色に分かれたチームはだいたい、70名から100名。

スタートダッシュするにもよほど前にいかないと、渋滞に巻き込まれる。これだけの人数が集まると、ベストポジションを早々に取れば、かなり入れ食いである。今日のGET数も16を越えた時点で数えるのをやめた。 

 Dscf0014_1             

フィールド中間で防衛。撃っても撃っても敵が出てくる。 

 

アドレナリンが出まくった相手(黄色チーム)は四度に渡る万歳アタックを敢行!流石に連続のアタックにはビビッたw流石大戦装備の諸兄達。死を恐れない・・・。

Dscf0008_3  

 迂回路を進むめいび隊。 

 

フィールドにも慣れた頃、めいび隊は迂回コースを進むことに。今回のゲーム、フィールドの境界線は無いとのこと。ロストしない限り好きに進んでいいらしい。兎に角大きく回った。w 

Dscf0007_3  

五月になると、ブッシュも濃い。 

 

Dscf0009_2  

「さて。どうやって行くべ。」 

 

めいび隊は今回のゲームで、無線を導入。細かい指示を的確に伝えることが出来た。無線の感度も良好で。こういった長距離?移動での活用にはバッチリ効果があった。

Dscf0010  

ブッシュに入った直後が一番狙われやすい。 

 

Dscf0006_3  

MINIMI重い・・・。A2に切り替え。 

 

さて、ゲーム裏表の3セットを終えた辺りに昼飯。ないすかもと食卓を囲むと、暖かい食事にありつける。w

Dscf0002_3  

トニヲ作成、トランス焼きそば。超時空!超異次元!! 

 

Dscf0003_4 

団欒♪ 

 

しかし、毎度のことながら、食事やセフティゾーンの敷設。かもの皆さんにはお世話になってます。 また大人数で集まって、BBQとかやりたいですねー。 

Dscf0011  

ゲーム界希少な夫婦ゲーマー。ますたと衛生兵さん。 

 

午後のゲームからはかものメンバー達と行動を共に。二年振りくらい?の戦線。自分で言うのもなんだけど、この小隊だけで、グイグイ相手を押し戻した。長年ゲームをやってる者同士、経験や実力を付けたもんだなぁ。とか思ったりして・・・。ww 

Dscf0012  

 かもの所長と新人お二方。装備も充実しておりました。 

 

かもとのコンビとこのフィールドもかなりご無沙汰だったけど、かなり楽しめました。コンビ間隔があったけれど、連携もすんなり出来たし、むしろ上出来?w

次回はまた何時に成るか分からないけど、また戦線張りましょう! 

Byたき。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

俺の名は・・・・・

音無、今日もカマスぜ!!Dscf0003_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »