« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年6月 5日 (月)

SPLASH 24h耐久戦Vol.2

年に一度のビッグイベント。千葉はスプラッシュで行われる24時間耐久レース。 通算五度目のイベントの参加者は200名に上った。 

連合軍側とゲリラ側に別れて、文字通り24時間サバゲをするのだ。

Dscf0001_5 開会式の様子。 

 

 

チームからの参加は音無、KAIEN、トニヲ、たき。のレギュラーメンバー。友好チームの支援は無し。単独のプレーになった。それでも、この日のために四人で腕に磨きを掛け、陣形の調整や無線機の導入。または軍拡wを行ってきた。

Dscf0018_1 ないすカモのGiyaさんジャンク屋 

 

 

このGiya’s JANK!もイベントに合わせて、毎回恒例。HK系を中心に、程度の良いものが割安で手に入る。今回で最後かも?と言いつつ、今もヤフオクで何かを落札しようとしている。

Dscf0019 ちなみに商品の一部。

基本的には中古扱い。だけど室内の試し撃ちしか行ってない事を考えると、ほぼ新品。値段は交渉次第でぐぐっと下がるかも? 

 

Dscf0017_1 今回ラジオのパーソナリティも勤めた「あ~る」氏 

 

 

「ようこそスプラッシュ共和国へ!」「ゲリラ共は高度な訓練を受けている上に、装備も充実している・・・。ここはヴェトナムよりまだ酷い。」

フィールドではローカルラジオ番組が展開されており、ゲーム中継や様々なその筋の放送が成されていた。

Dscf0007_8 ゲーム中の連合軍側兵士。 

 

 

ゲームのレポートはKAIENのを参照して頂くとして、今回の私のレポートは、写真UPと言う事で・・・。w

Dscf0014_3 最前線激戦区。 

 

 

フィールド中央付近が激戦区になり、ここを押したり押されたり。写真はC地区。

Dscf0011_2 日が暮れるにつれ、遠目が利かなくなる。 

 

 

Dscf0002_4 夜間対応の準備。 

 

 

Dscf0004_3 地図でのチェックも・・・。 

 

 

Dscf0005_3 夜通し戦ってグッタリ。 

 

 

Dscf0006_4 連合軍側CQ。 

士気はまちまち。疲労も蓄積されているようだった・・・。 

 

Dscf0008_5 押された連合軍。 

 

 

写真は二日目の午後。連合軍CQより真南に位置するF地区。ゲリラが数メートル先のブッシュに潜伏。こちらからは全く相手が見えないが、向こうからは丸見え。この場所では多くの連合軍兵士がゲリラの銃弾に倒れた。

Dscf0010_1ゲリラ野郎共め!」

「ここで多くの仲間を失ったよ・・・。」 

 

Dscf0012_3   今回の24耐MVP! 

 一応連合軍側。w

 

夜戦の時には、味方識別の為サイリウムを後頭部や背中に貼り付けるのだが、彼はその傘のテッペンに差していたと言う猛者。フィールドマスターよりMVP賞を与えられた。  

Dscf0013_1 ゲーム終盤、ゲリラの特攻も予想される。 

 

 

Dscf0016 ゲリラ側の総大将。変なオジサン。

「優秀な指揮官と言え!」と本人。 

 

Dscf0020 そして閉会式。 

 

 

Dscf0021 豪華な賞品! 

 

 

長い長い耐久レースも閉会式へ・・・。が!お楽しみはまだまだ続く!毎回用意されるイベントの賞品はどれも豪華で、イベント中、特に優秀な成績を収めた兵士に送られる。何も貰えなかった諸兄の為にも、じゃんけん大会が行われ、賞品ゲットの可能性も十分にある! 

Dscf0024_1 フィールドマスターの内藤さん。 

 

 

Dscf0025_1 ウ、ウラヤマス!! 

 

 

Dscf0022 こっこれは・・・!

これがゲリラ・・・。敵の正体か! 

 

Dscf0023_1 すべての参加者へ・・・オツカレサマ。 

 

 

byたき。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SPLASH 24h耐久戦

千葉県のゲームフィールドSPLASHで行われた24h耐久サバゲに行って来ました。

このゲームは連合軍・ゲリラの2チームに分かれて24hを1ゲームとしてサバゲをするというもの。

HITされても自陣に戻れば復活でき、睡眠や食事もフィールド内で行います。

(勿論睡眠中や食事中に撃たれることもアリ!)

我がチームからは、KAIEN・音無・たき・アントニヲの4名が連合軍でエントリーしました。

当日は両軍合わせて200名近い参加者で大盛況。

今回はゲーム中にNetラジオ局が開局するなどお祭りムードが漂ってました。

1日目ゲーム開始直後は両軍マッタリとした出足。

連合軍側はスタート後1時間、フルオート禁止とのルールなので戦線の構築、防御に専念した。

しばらくしてゲリラ側の大将をHITしたとの知らせがあり、戦意が上がるがその後戦線は硬直。

フィールド中央部の両翼に通称「Barサイゴン」「茶屋」と呼ばれる小屋が建っていてそれを結んだラインがゲーム中を通して前線となっていた。

なので両軍とも小屋の制圧に力を注ぎ小屋の周りは激戦区に。

(俺も何度小屋に突撃したことかw)

取りあえず陣地交代がある深夜2時まで休み休み戦い、陣地交代後就寝。

しばらくして、騒がしい物音で目を覚ますと、

「起きてる人は銃持って出て!」と叫んでいる。

時計を見ると4時ちょっとすぎ、何やら切迫した様子。

とすぐ近くで銃声が・・・・

ゲリラ側の攻勢で本陣まで強襲された模様。

みんなが慌ただしく銃だけ持って出て行くさまは本物の戦場のようでちょっと面白かった(w

2日目は、すでに筋肉痛が発動し思うように動けず(汗

今回はM!14とSTARのMINIMIで参戦したのだけど、やはりM14が重い!

右手の手首と指が大変なことになってくるね。

その後一時は連合軍が茶屋を奪取しゲリラ側に押したのだが、勢いが続かず押し戻される羽目に。

その後も前線を押しつ押されつしながら、両軍とも決定打を書き、ゲーム終了。

前回24hに参加したときは天候が悪かったけど今回はとても快適な気候でゲームが出来たので満足。

あとNetラジオ放送がくだらなくて大変面白かったのでまたやって欲しいな~。

勝敗の結果はまだ集計されていないようなので、勝敗の結果と写真のアップは他の人に任せます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »